ログイン




 2019年2月16日(土) 20:46 JST

トータルアクセス数:1,036,197人

>

高畑勲さんの御逝去を悼む

  • 2018年4月 7日(土) 14:10 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数
    282

日本のアニメ映画監督の巨匠、高畑勲さんが亡くなられました。ささやかな思い出を振り返りたいと思います。

 

いまから十数年前、埼玉県にある保育園の運動会で御一緒したのが最初です。その保育園は、保育実践で有名で、私の子どもたちもお世話になりました。私が学生を引率して見学に訪問した際、偶然高畑さんもこられていました。

気さくに話しかけられ直ぐに意気投合し、日本の子どものこと、文化のこと、等々を熱く語り合いました。最後は、運動会参加者全員での「パン食い競争」で御一緒し、走ったことが忘れられません。

そして、2013年に、大東文化大学の教育学科に保育士課程が開設した時、その開設記念イベントの記念講演を高畑さんに依頼しました。一度はお引き受けいただいたのですが、「『かぐや姫の物語』の制作が遅れ、監督が講演に出かけているとスタッフの士気に関わるから」と断られてしまいました。残念でした。

ところで、御存じのように高畑さんの代表作に、「火垂るの墓」があります。巨匠の名作の原点は、御自身の戦争体験にありました。御自身の戦争体験を振り返っての、熱い平和へのメッセージが残されています。

その最後の一節

「アジア太平洋戦争の開戦や敗戦へのいきさつから、延々たる対米従属、そして、悲惨な原発災害に至るまで、責任を決して明らかにせず、追及せず、ただ、ずるずると押し流されていく、私たちのずるずる体質と空気をすぐ読む驚くべき同調気質とは残念ながらいまも七〇余年前もちっとも変わっていないのではないでしょうか。私は自分も含めこの体質が本当に怖いのです。だから憲法九条は最後の歯止めとして絶対に変えてはならないと思います。」

高畑さんのメッセージを重く受け止めたいと思います。

 

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。